読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is a Pen

プログラミングとITと日記

Dockerで”No connection could be made because the target machine actively refused it..”

Dockerによる分からん殺しその2

”Get http://127.0.0.1:2376/v1.20/version: dial tcp 127.0.0.1:2375: ConnectExtcp: No connection could be made because the target machine actively refused it.”

(´◉◞౪◟◉)あぁん?!


ええ、そうです。またトラブルです。 この記事を見たあなた、まず僕と環境が一致してるか確認してみますか。

使用マシン/Docker環境

  • Windows10 8GB(RAM) intel CORE-i5
  • DockerToolbox-1.10.3
  • VirtualBox5.0.16-105871
  • git-for-Windows 2.7.0(Git)
  • MingW64をConEmuで仕様

起きた事象

やっぱりめんどくさい。
Dockerを起動したら意味不明なことを言われる。
certificateうんたらTLS接続のことも言われる

前回の記事の方法ではうまく行かず嵌ってイライラしたが
やはりネット社会答えはそこらじゅうにある。

bcdedit /set hypervisorlaunchtype off

上記をcmdプロンプトパイセンに打ち込んで再起動する。
仮想化うんたらをオフにするんだねぇ・・

再起動から復帰したあとVirtualBoxに表示されているDefaultマシンを削除する。

Docker-quickstartでもターミナルでもどこかでDockerさん起動

・・・

(´◉◞౪◟◉)・・できる

新しいDocker マシンが生成されるから
docker run hello-world
でも起動して、この無駄な時間に怒りを覚えて寝る。うん。


参考先ページ

StackOverFlow様

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...