読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is a Pen

プログラミングとITと日記

android開発環境をLinuxでつくってみた

android Linux Programming

f:id:pierrot-nose:20160818102622p:plain
わけあってandroid開発者として第一歩を踏み入れることになった、マツケンです。
今回はLinuxandroid開発環境を入れてみました

virtualBox上ではなく、windowsマシンとのデュアルブート上での構築ですが
VM上などでも問題ないでしょう。

使用環境



各項目手順


まずは大まかな項目だけを。
下記の流れで進めていきます。


オラクルJDKをいれる

www.yamamanx.com

*自分はJDKを/opt/javaにいれてます

openJDKとオラクルJDKが同居するのが嫌なので消す

$ sudo apt-get --purge remove openjdk*

その後、オラクル公式から対象のJDKのtar.gz形式で落としてくる

jdkをDL後、格納し解凍

$ mkdir -pv /opt/java
$ sudo tar -xvzf 対象JDK.tar.gz

上記が正しいやり方かは・・しらない




bashrcに環境変数うんたら一通りかく

とりあえずファイルがなければ作る

$ vim .bashrc

下記を記述する、すでにある場合はファイルの最後らへんに書いて問題ありません

JAVA_HOME=/opt/java/(JDKのディレクトリ名)
PATH=$PATH:$HOME/bin:$JAVA_HOME/bin
export JAVA_HOME
export PATH

その後source .bashrcなどで読み込ませて下記を実行

$ sudo update-alternatives --install "/usr/bin/java" "java" "$JAVA_HOME/bin/java" 1
$ sudo update-alternatives --install "/usr/bin/javac" "javac" "$JAVA_HOME/bin/javac" 1
$ sudo update-alternatives --install "/usr/bin/javaws" "javaws" "$JAVA_HOME/bin/javaws" 1
$ sudo update-alternatives --set java $JAVA_HOME/bin/java
$ sudo update-alternatives --set javac $JAVA_HOME/bin/javac
$ sudo update-alternatives --set javaws $JAVA_HOME/bin/javaws

動作確認

$ java -version
$ javac -version

android studio

アンドロイドに必要なパッケージを入れる

$ sudo apt-get install lib32z1 lib32ncurses5 lib32stdc++6

//大抵の場合は上の1行で済みますが、ダメだったら下記の行も
$ sudo apt-get install lib32z1 lib32ncurses5 lib32bz2-1.0 lib32stdc++6

android studioはzip形式でダウンロードする
ここではとりあえず/tmpにあり、解凍済みの状態で進めます

$ sudo su -c "chown -R root:root /tmp/android-studio && mv /tmp/android-studio /opt"

みんな大好きシンボリックリンクでも作っておく

$ sudo su -c "ln -s /opt/android-studio/bin/studio.sh /usr/local/bin/android-studio"


KVM エミュレーターをいれる

linuxでやるandroidエミュレーターが高速に動くためには
KVM(kernel virtual machine)を入れる必要がある

KVM関連パッケージを入れる

$ sudo apt-get install kvm virt-manager libvirt-bin bridge-utils

起動時に読み込むカーネルのモジュール記述
vhost_netはネットワーク仮想化うんぬんの設定

$ echo vhost_net | sudo tee -a /etc/modules

スタートアップ時に自動起動するように設定

$ sudo service libvirt-bin start
$ sudo update-rc.d libvirt-bin defaults

実機並の爆速具合らしい。
windows好きだけど、linuxがもっと好きになりそうだ。

っていうか。実機並に早かったです(笑)




DLしてくるSDKについて
パーミッション問題によりandroid-studio起動後にSDKが読み込まれない、進まない事象の場合には

$ sudo chown -R ユーザ名:root 対象SDKフォルダ

で直りました。

あとはターミナル上で

$ android-studio

って打てば勝手に起動します。
起動自体も早くてビビります、ウィンドウズの3倍ぐらい。


参考サイト様
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...